insta360 Pro
旧価格:416,667円(税込)
新価格:370,000円(税込)

追加オプション
予備バッテリー:16,200円(税込)
バッテリーチャージャー:9,720円(税込)

見積・購入はこちら

Insta360 Pro 体験説明会 開催中!

〜「分かりやすい、丁寧、すごく楽しかった!」など大好評〜

クービック予約システムから予約する

圧倒的な臨場感!プロ仕様の高解像度8K 360°カメラ

Insta360 Proはプロフェッショナル仕様の360°カメラです。アルミニウム製の球型の本体に搭載された6つの魚眼レンズと4つのマイクにより、高画質でダイナミックな360°静止画/動画の撮影を可能に。さらに静止画/動画ともに最大8K(7680×3840)という圧倒的な高解像を誇ります。一般的な360°カメラと異なり、カメラ内で自動的にリアルタイムスティッチングが行われ、撮影の直後に360°静止画/動画が作成されます。これまでプロフェッショナル用のVR撮影でよく見られた、撮影後に編集ソフトを使用して手動でスティッチングする作業を無くすことで、360°映像制作の効率化を実現します。

3Dの360°静止画/動画や100FPSの360°動画の撮影、VRゴーグルでリアルタイムのモニタリングも可能。1台で様々な使用法に応えられる360°カメラです。またイーサネットとWi-Fi接続経由で360°ライブストリーミングを行うこともできます。
NEWS!:
「Insta360 Pro 2.0」ファームウェアが大幅アップデート、12K VRなどを実現

Insta360 Proの特徴

プロユースのために考えられた使いやすさ

ファイル形式はJPGとMP4に加えてRAWデータも対応。バッテリーは容量5000mAhの着脱式で、連続撮影時間は75分間。インターフェイスはHDMI、USB Type-C、LANポートとなります。Insta360 Pro撮影用の専用アプリはWindows、Mac、iPhone、iPad、Androidをサポートしています。

カメラ本体サイズは直径143mm、重量はバッテリーを含めて1,228グラムと、プロフェッショナル仕様ながら持ち運びのしやすさも特徴で、ドローンに装着して空撮も可能です。

独自機能による綺麗なスティッチングとなめらかな映像

驚くほど自然で綺麗なスティッチングを実現した「オプティカルフロー」と「リアルタイムスティッチング」の2つから選択することができます。また、手ブレを軽減するスタビライザー機能を搭載。まるで台車に固定されたカメラで撮影されたような水平を保ったなめらかで安定した映像が簡単に撮影できます。

さらにライブストリーミング時にH.265圧縮規格とキューブマッププロジェクションを使用すると、通常の帯域幅より60%削減して配信を行うことができます。

製品仕様

サイズ 直径143mm
重量 1228g
対応機種 PC(Windoes/Mac)、スマートフォン/タブレット(iOS)
ストレージ SDカード / 高速USB3.0デバイス
レンズ 6* F2.4魚眼レンズ
解像度 写真:7680 x 3840(8K)、最大12000 x 6000(12K) (*1)
ビデオ:
最大 3840 x1920 @ 30fps(4K) (リアルタイムステッチ / ライブストリーミング)最大 7680×3840@30fps(8K) (後処理ステッチング)
3D写真:7680×7680(8K)、最大12000 x 6000(12K) (*1)
3Dビデオ:
最大 3840×3840@24fps(4K) (リアルタイムステッチ / ライブストリーミング)最大 6400×6400@30fps(6K) (後処理ステッチング)
アダプター 12V 5A DCアダプター
バッテリー 5000mAh 取替可能なバッテリー
ケース Insta360 Pro 専用ケース付属

*1:「Insta360 Pro V2.0(ベータ版)」の利用により、8K静止画を連続して撮影することで、立体静止画(3D)と2Dの両方の撮影モードで超高解像度12K静止画を合成が可能。

メーカー純正品のアクセサリー

GPSアクセサリー

Googleマップ・ストリートビュー公式認定360度カメラにアップデートするためのGPSモジュール。
セット内容:Pro GPSモジュールx1、ブラケットx1、吸盤x1
価格:5,999円(税込)
見積・購入はこちら

動画紹介:GPSアクセサリー

よくあるご質問(FAQ)

Q:Insta360シリーズのどの製品を購入すべきか迷っています。
A:こちらの比較表をご参照ください。(出典:MoguraVR)

Q:初期設定などの操作方法の基本を教えてください。
A:基本的な操作方法については、毎週火曜にハコスコ社で開催している「Pro体験説明会」にぜひご参加ください。(予約はこちら)また、こちらの記事も参考になります。(レンティオ記事)
https://www.rentio.jp/matome/2017/09/insta360-pro-manual/

Q:使用できるSDカード、SSDは何ですか?
A:V30以上、128GまでのSDカードが使えます。また、USB経由の外部ストレージも使用できます。メーカーからは、Sandisk SDカード(V30以上)と、Samsung T3ポータブルSSDを推奨しています。

Q:オプティカルフローのスティッチはWin/MacのどちらのPCでも作業できますか?
A:WindowsとMacの両方でスティッチ可能です。ただし、スティッチ作業には高性能なグラフィックボードでないと多大な時間が掛かってしまいます。NVIDIAやAMD製のGPUを搭載したWindows PCを使用することを推奨いたします。

Q:モバイルバッテリーでの給電はできますか?
A:モバイルバッテリーでの給電はできません。モバイル環境では予備のバッテリーが必要な場合も考えられます。ただし、バッテリーは非AC環境ではホットスワップに対応していません。

Q:Insta360 Proをレンタルで借りることはできますか?
A:Insta360 Proのレンタルサービスは、提携先のレンティオやCREARCで取り扱っていますので、こちらにお問い合わせください。また、お問い合わせの際には「ハコスコからの紹介」とお伝えいただくとスムーズです。

・レンティオ [レンタル] Insta360Pro
https://www.rentio.jp/products/insta360pro

・CREARC [レンタル] Insta360Pro
https://rental.crearcinc.com/product/insta360-pro/

 

Q:故障、破損のため、修理を依頼したい。
A:下記のお問い合わせフォームより、症状を記載してお問い合わせください。
※初期不良確認および修理依頼の場合、事前に弊社商品であることと修理対象であることを確認させて頂いてからの受付とさせて頂きます。
弊社からの修理受付確認を得ずに送付頂いた場合の送料はお客さま持ちとなります。

Q:Insta360購入者向けのイベントやSNSグループはありますか?
A:Facebook上に「Insta360グループ(日本語・運営ハコスコ)」がございますので、ぜひフォローください。ファームウェアのアップデートなど、随時最新情報を届けいたします。また、イベントは不定期開催となりますが、こちらのFacebookグループにて告知いたします。 https://www.facebook.com/groups/insta360

Q : SDカードの取扱で気をつけることがありますか?
A:SDカードやSSDは定期的にフォーマットを行ってください。フォーマットはクイックフォーマットではなく通常のフォーマットを行ってください。ストレージのフラグメンテーションが起きると書き込みスピードが一時的に下がるために書き込みエラーが発生して、記録が中止されます。

Q:ドローンでの撮影は可能ですか?
A:可能ですが、カメラ重量が1.2Kgあるので、撮影を安定化するためにも大型のドローンを利用することをお勧めします。また、ジンバルの利用や、カメラとドローンの距離をできるだけ離すことで映像の品質があがります。

Q:6つのカメラのオリジナルファイルは保存されますか?
A:動画・静止画のいずれでもオリジナルのファイルは保存可能です。ストリーミング時にもオリジナル画像を保存できますので、リアルタイム配信ではテンプレートスティッチ映像を配信し、アーカイブ映像はオフラインのオプティカルフロースティッチを行った高品位な画像を提供することが出来ます。

お問い合わせ

※その他のご質問は【ハコスコ・ヘルプセンター】からご確認ください。

説明会に参加
毎週開催
 無料 
配信アプリを試す
  • App store
  • Google Play