2018/7/04

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録が正式決定した長崎県五島市の「観光体験VRコンテンツ付きオリジナルVRゴーグル 〜VRパッケージ〜」制作を受託

VRサービスの株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ社」)は、2018年6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産への登録が正式決定した長崎県五島市の一般社団法人五島市観光協会より、五島市内の世界遺産訪問や観光ツアーが楽しめる「VRコンテンツ付きオリジナルVRゴーグル 〜オリジナル VRパッケージ〜」(以下、「五島市VRパッケージ」)の制作を受託いたしました。一般社団法人五島市観光協会は、ハコスコ社の「VRパッケージ(※)」サービスを利用し、五島市オリジナルの「五島市VRパッケージ」を制作。同商品は、五島氏観光協会主催のイベントなどで、ノベルティーとして配布される予定です。「五島市VRパッケージ」は、同梱のQRカードをスマホから読み込みアプリをインストールすれば、五島市の世界遺産を誰でも手軽にヴァーチャル訪問できる仕組みになっています。コンテンツは「五島VRツアー」と称し、江戸時代から歴史があるキリシタン関連遺産の「江上天主堂」や「旧五輪教会堂」の現地ツアーを楽しむことができます。

五島市VR配信ページ「Goto2018」(ハコスコストア):

https://store.hacosco.com/goto2018

※コンテンツは、こちらで一般公開されています。

 

 

「五島市VRパッケージ」は、世界遺産登録が決定した直後の2018年7月1〜3日に五島市主催にて行われたイベント「世界遺産登録パブリックビューイング(五島市)」や福江港ターミナルにてご来島されたお客様向けに楽しんでご利用いただいた他、7月14・15日の農協主催イベント「世界遺産登録決定記念イベント(五島がうまいイベント広場)」の市民向け体験ブースでお披露目される予定です。(一般販売はしておりません。非売品。)

 

ハコスコ社はVRを通じて、全国の地方自治体の観光地・観光資源の認知向上や集客に役立つ「VRパッケージ(※)」の企画・制作を、引続き推進して参ります。

※VRパッケージとは

ハコスコ社が提供する「VRパッケージ」は、あらゆる業界におけるプロモーションやノベルティー向けたオリジナル製品の受託制作に対応しており、「VRゴーグル・動画・アプリ再生」の3点セットをワンパックで提供するサービスです。

 

サービスの詳細・お問合せはこちら

 

<株式会社ハコスコについて>

株式会社ハコスコは誰でも手軽にVR機器を入手・体験できるよう、ダンボール製のVRゴーグル「ハコスコ®」、専用アプリ、VRコンテンツからなる「スマホVRサービス」を提供。VRゴーグルの出荷台数60万、動画投稿数1万、登録ユーザー数4万人と国内最大級のVR配信プラットフォームであり、「ハコスコ®」はスマホ型VRゴーグルの代名詞としても広く認知されています。

2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

 

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷

・代表取締役:藤井直敬

・設立:2014年7月

・資本金:182百万円(資本準備金含む)

・URL:http://www.hacosco.com/

・事業内容:スマホVRサービスの開発・販売・運営

 

*「ハコスコ®」は株式会社ハコスコの登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。