2020/10/28

「Insta360 ONE X2」予約販売開始!

株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬)は、本日より、Insta360が展開する360度カメラ「Insta360シリーズ」の「Insta360 ONE X2」 (以下 ONE X2) の予約販売を開始します。 ONE X2 はポケットサイズでありながら、強力な手ブレ補正、5.7K 360 度動画、IPX8 防水、360 度タッチディスプレイ、AI による編集機能など多数の機能を搭載。簡単な操作でクリエイティビティな映像が作成可能です。

販売価格:55,000円(税込)
購入サイト:https://hacosco.com/insta360-one-x2/ (本日より予約注文受付開始)

 

クリエイティビティな映像制作を可能にする4つの撮影モード
ONE X2 には 360 度、ステディカム、InstaPano、マルチビューの4 つの撮影モードが搭載され、クリエイティビティな映像制作を可能にしています。

5.7K 360 度撮影…あらゆる方向のアクションを捉えることが可能なため、撮影中に被写体に対しカメラを向ける必要がありません。編集時に好みのアングルを選択、あるいは ONE X2 のAI に任せるだけで創造性豊かな作品に仕上げることができます。
ステディカムモード…通常の動画撮影が可能です。ONE X2 片面のレンズを使用し、超広角の映像を撮影します。
InstaPano …美しいパノラマ写真を撮影するための新しいモードです。風景に沿ってカメラやスマートフォンを動かしてパノラマ写真を作成するのではなく、たった一回のタップで撮影することが可能です。
マルチビュー…2 つのアングルを異なる視野で同時に表示します。アプリの顔追跡を利用すれば撮影者を常にフレームにおさめた状態での撮影を行えます。

 

過去最高の手ブレ補正
360 度撮影やステディカムモードでの撮影時、FlowState による手ブレ補正によりジンバルなしで安定した映像を撮影可能です。ONE X2 の手ブレ補正と水平補正アルゴリズムはこれまでの機種より優れており、非常に安定した映像をカメラのみで撮影できます。

 

様々なテンプレートを揃えた編集ラボ
Insta360 アプリの編集ラボは、最新の技術を使用した、360 度映像編集用のテンプレートです。テンプレートは定期的に更新されます。素材となる映像を用意すれば、あとは編集ラボが素晴らしい映像に編集してくれます。ドリーズームやストップモーションのような映画風エフェクトのものから、360 度タイムラプス映像から通行人を消去するテンプレート(ゴーストタウン)も用意されています。

 

タイムシフトハイパーラプス
ONE X2 にはタイムシフトハイパーラプス機能が搭載され、360 度撮影とステディカム撮影のどちらでも利用できるようになりました。あらゆる方向にリフレームしながら再生速度を調節、または AI にすべてを任せることができます。フリーズフレームを追加して動画の再生速度を停止ぎりぎりまで遅くし、アクションが最高潮に達した場面でリフレーム。このような編集が、動画の再生速度設定画面をタップするだけで簡単にできます。

 

低照度環境での撮影や水中撮影も鮮やかに
PureShot モードは低照度下で撮影した写真のノイズを低減し、細部を残しながらダイナミックレンジを拡張します。AquaVisionモードにより、水中撮影時の画質も各段に進化しました。AquaVision モードはカラーバランスを自動的に調節し、水中で撮影したコンテンツを実際に見ているような澄み切った色にします。外部フィルターや余計な編集作業は一切必要ありません。

 

良質なハードウェアでより良い体験を
ONE X2 のボディは ONE X のポケットサイズのフォームファクターを継承しつつ、ハードウェアや性能面においてご利用中のみなさまの声も反映し、様々なアップデートを施しました。高性能なバッテリーは容量 1630mAh で 80 分の連続撮影を可能にし、新しい高輝度 HD タッチスクリーンは撮影したコンテンツを 360 度でプレビューできます。IPX8 防水で専用ケースなしでの水中撮影も水深 10m まで可能に。潜水ケースを使えば水深 45m までシームレスな水中スティッチングでの撮影が行えます。

音声収録の面でも4 つのマイクを搭載。新しい風切り音低減アルゴリズムを備えたステレオ録音や、完全没入型体験のためのアンビソニック録音にも対応しました。カメラ本体とAirPods を接続することにより、遠隔での操作も可能です。

 

360 度ウェブカメラを用いたライブ配信
ONE X2 をウェブカメラとして使うと、Zoom など人気の会議プラットフォームで広角分割画面ビューが利用できます。また、Facebook やYouTube、カスタマイズした RTMP 機能対応の 360 度動画チャンネルで 360 度のライブ配信も可能にします。

 

Insta360 ONE X2 詳細スペック

動画解像度 360度:
 5.7K @ 30fps、25fps、24fps
4K @ 50fps、30fps
3K @ 100fps

広角(ステディカムモード):
2560 x 1440 @ 50fps、30fps
1920 x 1440 @ 50fps、30fps
1920 x 1080 @ 50fps、30fps
連続撮影時間 5.7K @ 30fpsの場合、80分
写真解像度 360度:6080 x 3040(2:1
Pano:4320 x 1440(3:1
動画フォーマット 360度:INSV
広角(ステディカムモード):MP4
写真フォーマット JPG(モバイルアプリまたはデスクトップアプリからエクスポート可能)、RAW(dng、デスクトップアプリでの編集必須)
写真モード 標準、HDR、バースト、インターバル、ナイトショット、ピュアショット、InstaPano
動画モード 標準、HDR、タイムラプス、タイムシフト、バレットタイム、ステディカム
音声 風切り音低減ステレオ録音、360度録音(アンビソニック)
ISO感度 オート、100 – 3200
ホワイトバランス オート、2700K、4000K、5000K、6500K、7500K
露出値 ±4EV
動画露出モード オート、マニュアル(シャッター速度 1/8000 – 1/30、ISO 100 – 3200)
写真露出モード オート、マニュアル(シャッター速度 1/8000 – 120 秒、ISO 100 – 3200)、シャッター優先(1/8000 – 1 秒)、ISO優先(100 – 3200)
動画エンコード H.264、H.265
動画最大ビットレート 100Mbps
ジャイロスコープ 6軸
レンズ口径 F2.0
35mm 版換算焦点距離 7.2mm
バッテリー容量 1630mAh
サイズ 4.62 x 11.3 x 2.98 cm(幅 x 高さ x 奥行き)
重量 149g
対応端末 iOS:
A11またはそれ以上のCPUを搭載する端末(iPhone SE、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max、iPhone XS/XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8/8Plus)
Android:
Kirin 980 またはそれ以上(Huawei Mate 20、P30 またはそれ以降の機種)
Qualcomm Snapdragon 845 またはそれ以上(Samsung Galaxy S9、Xiaomi Mi 8 またはそれ以降の機種)
Exynos 9810 またはそれ以上(Samsung Galaxy S9、S9+、Note9 またはそれ以降の機種)※上記の要件を満たさない端末でも専用アプリはご利用いただけますが、プロセッサーの処理能力を必要とする機能のパフォーマンスが落ちる場合があります。

 

 <お問合せ>
本件に関するお問い合わせはこちら。
株式会社ハコスコ広報担当
連絡先: https://hacosco.com/contact/ よりご連絡ください。

 

<株式会社ハコスコについて>
「現実を科学し、ゆたかにする」実験カンパニーのハコスコ社は、脳科学的アプローチで体験をデジタル化するVR・DX事業とブレインテック事業を展開しています。脳科学者でCEOの藤井が10年前に脳科学実験の過程で体験のデジタル化のために、開発した実験装置が「ハコスコ」の基点です。

本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷
代表取締役:藤井直敬
設立:理化学研究所の理研ベンチャー制度により、2014年7⽉創業
資本金:182百万円(資本準備金含む)
URL:https://www.hacosco.com/

 

 

* 本リリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です
* 本リリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。