2019/2/07

ハコスコ、デジタルハリウッドと提携 VR映像制作の人材育成にむけた講座を共同開発。 Insta360初の認定プログラムの開発にも協力。

VRソリューションを提供する株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ社」)は、IT 関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼 CEO 吉村毅、学長:杉山知之 以下デジタルハリウッド)と業務提携し、VR映像クリエイターの人材育成を目的とする「実写VR講座」を共同開発。あわせて世界的な360度カメラ「Insta360」初の認定プログラム「Insta360 認定」制度の開発にも協力し、その対策講座として本講座が認定されたことを発表します。

 

2019年4月より開講となる「実写VR講座」は、デジタルハリウッド大学大学院の専任教授でもあるハコスコ社代表取締役の藤井が監修し、講師は藤井のほか、著名な実写VRクリエイターを講師陣に招き、最先端の実践的な指導を受けることができます。本講座は【基礎編】と【応用編】の2つのコースで構成され、デジタルハリウッドの専門スクールをはじめ、オンラインスクールなどで順次開講されます。

 

また、本講座の開講を記念した特別セミナーが、3月9日(土)18:00~20:00にデジタルハリウッドSTUDIO渋谷で開催されます。

 

【特別セミナー「広がる実写VR の世界 After2019」概要】

 

日時:2019年3月9日(土)18:00-20:00

会場:デジタルハリウッドSTUDIO渋谷

定員:30名

参加費:無料

参加申し込み:http://bit.ly/DHVR2019

 

 

 

【「実写VR講座」3つの特徴】

1.業界トップの豪華講師陣による講義

藤井 直敬氏(株式会社ハコスコ代表取締役、デジタルハリウッド大学大学院 専任教授)

染瀬 直人氏VRコンテンツクリエイター、映像作家、写真家)

登嶋 健太氏(東京大学 先端科学技術研究センター 稲見・檜山研究室  学術支援専門職員 )

渡邊 徹氏(全天球映像作家 渡邊課 Concent, Inc.)

 

2.撮影・編集・配信・販売まですべての工程を網羅したシラバス

基礎編はVR映像制作の未経験者にもわかりやすい360°映像や実写VRの説明から入り、実践編では商用実写360°の撮影手法、映像編集、配信まで一気通貫で学ぶことができます。

 

3.Insta360初の認定対策講座    

2019年春より新設される、Insta360の認定プログラム「Insta360認定」の認定対策講座として指定をされています。

 

今後もハコスコ社では、「現実を科学し、ゆたかにする」をミッションに、VR技術の研究開発とVRクリエイター支援を始めとするVR産業界への貢献に努めて参ります。

 

 

株式会社ハコスコについて

理化学研究所の理研ベンチャー制度により、2014年7⽉に創業。

VRゴーグル、VR配信、映像制作からなるVRソリューションを提供。

世界的な360度カメラメーカー「Insta360」の戦略パートナー・国内代表代理店として、VR映像制作の普及・発展に協力。2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷

・代表取締役:藤井直敬

・設立:2014年7月

・資本金:182百万円(資本準備金含む)

・URL:http://www.hacosco.com/

・事業内容:VRソリューションの開発・提供

 

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。