2019/4/16

ハコスコストアに新機能リリース。バーチャルツアーのブラウザ対応と多言語音声ナレーションの再生が可能に

VRサービスを提供する株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ」)は、VR映像配信サービス「ハコスコストア」のバーチャルツアー機能をアップデートし、ブラウザへの対応と音声タグ機能を追加いたしました。

これまでのバーチャルツアー機能は、スマートフォンアプリ「ハコスコ」でのみ視聴可能でしたが、本アップデートによりアプリをダウンロードしていないユーザーでもバーチャルツアーをブラウザで体験することができます。ユーザーの視聴環境が広がったことにより、これまでより多くの方々にバーチャルツアーがお楽しみいただけます。

 

 

音声タグ機能は日本語、英語、中国語等の多言語に対応。ユーザーが使用するブラウザの言語設定から自動で判定された言語の音声ガイドが流れます。観光地へのバーチャルツアー導入時には、訪日外国人観光客と日本人国内観光客の双方のニーズに沿う情報を音声で伝えることができます。

 

この新機能を用いた第一弾コンテンツとして、世界文化遺産の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をバーチャルツアー化した『長崎教会群VR』を公開。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリスト教が禁じられている中で、長崎と天草地方において日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながら信仰を続けた潜伏キリシタンの信仰継続にかかわる伝統のあかしとなる遺産群です。フォトグラメトリーCGで再現された8つの教会群をインタラクティブなVR映像や音声ガイドを視聴できます。

 

長崎教会群VR
https://store.hacosco.com/Nagasaki_VR

 

【機能概要】
● バーチャルツアー機能
コンテンツ内に埋め込まれた「遷移タグ」を視聴者が選択することで複数の360°映像の間を自由に移動することが出来ます。バーチャルツアー機能は無料のフリープラン(10個のタグまで)から利用でき、スタンダードプランとプロプランでは無制限で利用できます。

 

● タグ機能
コンテンツの中に、コンテンツ間遷移タグやビデオ再生タグ等の様々なタグを埋め込むことで、360°コンテンツをインタラクティブに拡張することが出来ます。タグの種類は今後さらに増やしていく予定です。

 

【お問い合わせ】
株式会社ハコスコ 広報担当
info@hacosco.com

ハコスコでは、これからもさまざまな取り組みを通じて、VRの普及・発展に尽力して参ります。

 

 

株式会社ハコスコについて
株式会社ハコスコは誰でも手軽にVR機器を入手・体験できるよう、ダンボール製のVRゴーグル「ハコスコ®」とVR配信プラットフォーム「ハコスコストア」からなるスマホVRサービスを提供。VRゴーグルとVR配信を組み合わせたプラットフォームとしては国内最大級。
先進的な360°カメラ Insta360の戦略パートナー・国内代表代理店として、360°カメラの普及努める。
2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

 

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷
・代表取締役:藤井直敬
・設立:2014年7月
・資本金:182百万円(資本準備金含む)
・URL:http://www.hacosco.com/
・事業内容:スマホVRサービスの開発・販売・運営

 

*「ハコスコ®」は株式会社ハコスコの登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。