ハコスコ、長崎市「出島」の ”現代と江戸時代を体感できる” VRコンテンツを受託開発。本日より「ハコスコストア」で配信開始

VRリーディングカンパニーの株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ社」)は、長崎市の「出島」の現代と江戸時代を360度体感できるVRコンテンツ「DEJIMA JUMP」を長崎市から受託し開発しました。本日より、360度コンテンツの共有配信プラットフォームである「ハコスコストア(※1)」で配信開始いたしました。「DEJIMA JUMP」は、PCまたはスマホの「ハコスコアプリ(※2)」から視聴できます。

 

長崎市は1951年より、江戸時代の鎖国期にヨーロッパとの唯一の交易拠点であった出島の復元に着手。昨年11月、約130年ぶりに江戸町と出島を結ぶ「出島表門橋」が架橋されました。本日より配信開始した「DEJIMA JUMP」は、その「出島表門橋」のたもとからジャンプして、「現代」と「江戸時代」の出島の扇形を体感できるコンテンツとなっています。本コンテンツを通じたエンターテイメントの提供によって、出島の歴史をより多くの人々に知ってもらうことが期待されています。

 

「DEJIMA JUMP」ハコスコストア専用ページ:

https://store.hacosco.com/dejima2018

 
出島ジャンプ                                現代(昼)


江戸時代                                     現代(夜)


本コンテンツにはハコスコストアの「ジャンプタグ機能」が利用されており、視聴時にスマホを手にしたままジャンプすることで、上空まで飛び上がった風景から出島広域を見渡すことができます。

 

ハコスコ社では、観光促進のためのVRコンテンツ撮影・開発・配信のみならず、お土産(販売品)としても利用できるオリジナルゴーグルの制作まで、VRサービスをワンストップで提供しています。今後も2020年の東京オリンピックに向けて、日本全国の観光地や旅行業者との提携により、VRサービスを通じた観光業のさらなる拡大に貢献していきます。

 

サービスのお問合せはこちらから

https://hacosco.com/contact/

 

※1:ハコスコストア 

ハコスコ社が運営する、360度動画の共有・体験プラットフォーム。現在1万以上のコンテンツを配信。有料プランでは、各企業向けに専用ページのカスタマイズ機能や、アプリのダイレクト機能を提供中。

https://store.hacosco.com/

 

※ 2:ハコスコアプリ

ハコスコストアの視聴アプリ。視聴は「ノーマル」「一眼」「二眼」モードから選べます。

https://hacosco.com/app/

アプリの対応機種はこちら:https://hacosco.com/compatibility/

 

<株式会社ハコスコについて>

 

株式会社ハコスコは誰でも手軽にVR機器を入手・体験できるよう、ダンボール製のVRゴーグル「ハコスコ®」、専用アプリ、VRコンテンツからなる「スマホVRサービス」を提供。VRゴーグルの出荷台数60万、動画投稿数1万、登録ユーザー数4万人と国内最大級のVR配信プラットフォームであり、「ハコスコ®」はスマホ型VRゴーグルの代名詞としても広く認知されています。

2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

 

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷

・代表取締役:藤井直敬

・設立:2014年7月

・資本金:182百万円(資本準備金含む)

・URL:http://www.hacosco.com/

・事業内容:スマホVRサービスの開発・販売・運営

 

*「ハコスコ®」は株式会社ハコスコの登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。