2014/10/23

週刊朝日ムック「xReality」の付録に

PRESS RELEASE

スマホVRビューワーのハコスコが週刊朝日ムック「xReality」の付録に
VRデバイス世界初の付録化を実現!あわせてiOSとAndroidアプリを公開


[PDF版はこちら]

スマホVR(バーチャルリアリティ)サービスを手掛ける、株式会社ハコスコ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬)は、ダンボール製スマホVRビューワーのハコスコが、堀江貴文編集長の週刊朝日ムック「xReality」の付録として採用され、本日より販売開始されたことを発表しました。あわせて、iOSとAndroid対応のハコスコ公式アプリを公開いたしました。

 

近年、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)への注目が高まっていますが、映像を表示するヘッドマウントディスプレイなどは、一般的に高価で装置も大掛かりなため、普及のハードルとなっていました。そこで、ハコスコでは、ユーザーが手軽に入手・体験できるよう、ダンボール製のビューワーとスマートフォン用アプリを開発し、合わせて1000円での提供を実現。ハコスコの低価格性と取扱いの容易さが、今回の雑誌付録としての頒布を実現可能にしました。

 

これまでも、イベントなどのプロモーションとして、オリジナルの印刷を施したハコスコの提供を行ってきましたが、雑誌付録としての提供は初の試みとなり、世界でも例を見ない新たなプロモーション手段の開発・実現となりました。

 

ハコスコは、これからもさまざまな取り組みを通じて、VR・ARの普及・発展に尽力して参ります。

xrealityhacoscox

 

【xReality 概要】

週刊朝日ムック「xReality」
定価:1620円(税込)A4変判 88ページ
付録:ハコスコX
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=16373

 

【ハコスコX概要】

ハコスコ X


■対応機種
対応するスマートフォンのサイズ:幅 73mm・高さ 142mm・厚み 10mm以内
iPhone: iPhone5/5s/5c/6
iOSバージョン: OS 7/8
Android: 上記サイズ内で、下記Androidバージョン搭載のもの
Androidバージョン:4.2以上、OpenGLES2.0、H.264/AACデコーダー対応機種

■収録動画コンテンツ
・鎌田紘子グラビアメイキング
・風の谷のナウシカ」の飛行機に乗ってみた!
・恐竜時代にタイムスリップ「ジュラシックジャンプ」
・バーチャルコースター
など

 

【ハコスコのスマホVRサービス概要】

https://hacosco.com/
ハコスコはVRの映像体験プラットフォームとして、ビューワーとなるデバイスとアプリ、映像コンテンツの制作・販売までをワンストップで提供します。
従来のハイエンドなヘッドマウントディスプレイとは違い、ユーザーが安価に入手し、手軽にどこでも映像を体験・共有ができます。
また、ダンボール製という特性を活かし、ユーザーが自由にカスタマイズしたり、事業者が映像とセットでハコスコ本体を広告メディアとしてプロモーションに活用することができます。

【株式会社ハコスコについて】

社名: 株式会社ハコスコ
本社: 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-23-102
代表者: 代表取締役 藤井直敬
設立: 2014年7月
資本金: 300万円
URL: http://www.hacosco.com/
事業内容:スマホVRサービス
問い合せ:https://hacosco.com/contact/