2018/9/20

ハコスコ、XRメディア・アート作品「The Mirror」を台湾「桃園科技芸術節」に出展

株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区)の代表取締役である藤井直敬が監修・技術提供を行うパフォーマンスアート作品「The Mirror」が、台湾桃園で9/27-10/14まで開催される「桃園科技芸術節(2018 TAxT, Taoyuan Art x Technology Festival)」に出展されます。

 

「The Mirror」はパフォーマンスグループのグラインダーマン、サウンドアーティストのevalaとの共作で、これまで熊本現代美術館、Media Ambition Tokyo、ICCなどで展示を行ってきました。
「The Mirror」では、体験者の目の前に5層の異なる現実が重層的に提示されます。ヘッドマウントディスプレイに表示される、その場所の現在と過去、目の前のディスプレイに表示される、その場所の現在と過去とさらに離れた場所の過去。その多層空間に提示されるグラインダーマンのダンスパフォーマンスとevalaのサウンドを通じて、ここでありながらここではない時空を超えた旅を体験します。


今回の桃園科技芸術節での展示では、これまでのスマートホンを用いた体験から、より没入感の高い体験を提供するべくHTC VIVEを導入し、大きなシステムアップグレードを行っています。

 

 

 

<2018 TAxT, Taoyuan Art x Technology Festival>

期間:2018/9/27-10/14

場所:Taoyuan Art Center 桃園展演中心

桃園市桃園區中正路1188號

時間:

9:00-17:00

電話:

03-317-0511

入場料:無料

URL:https://www.taxt.tw/the-mirror.html

 

 

株式会社ハコスコについて

 

株式会社ハコスコは誰でも手軽にVR機器を入手・体験できるよう、ダンボール製のVRゴーグル「ハコスコ®」、VR動画再生プレイヤー、VRコンテンツからなる「スマホVRサービス」を提供。VRゴーグルと動画配信を組み合わせたVR配信プラットフォームは国内最大級。「ハコスコ®」はスマホ型VRゴーグルの代名詞としても広く認知されています。

2016年日本アドバタイザーズ協会 Webグランプリ WEB人賞、先進映像協会 グッドプラクティスアワード2016 奨励賞受賞、2014年グッドデザイン賞受賞。

 

・本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷

・代表取締役:藤井直敬

・設立:2014年7月

・資本金:182百万円(資本準備金含む)

・URL:http://www.hacosco.com/

・事業内容:スマホVRサービスの開発・販売・運営

 

*「ハコスコ®」は株式会社ハコスコの登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。