ヤンセンファーマ株式会社の「バーチャルハルシネーション」にハコスコが採用

PRESS RELEASE

ヤンセンファーマ株式会社の「バーチャルハルシネーション」にオリジナルデザインのハコスコが採用

精神疾患の一つである統合失調症の疾患啓発を目的にヤンセンファーマ株式会社が制作したバーチャルハルシネーションVR版に、株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ」)がVRアドバイザーとして参加し、オリジナルデザインのハコスコが採用されました。

このバーチャルハルシネーションは、2016年10月22日(土)に開催される
Rakuten Technology Conference 2016(http://tech.rakuten.co.jp)に出展する
株式会社シー・エヌ・エスのブースにて紹介されます。

バーチャルハルシネーションについて
統合失調症の急性期にみられる症状をよりリアルな形で疑似体験できるよう、 「軽蔑、嘲笑、命令してくる幻聴」、「行動を予言してくる幻聴」、「生活音に重なって聞こえてくる幻聴」、 「過度におだててくる幻聴」の4つの代表的なパターンとして実写版VRで紹介します。 内容に関しては、認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(COMHBO)様、財団法人 精神・神経科学振興財団 理事長の髙橋清久先生から監修のご協力をいただきました。
詳しくは下記ホームページをご参照ください。
http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/virtual/

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-1-29-28

 

ハコスコは、これからもさまざまな取り組みを通じて、VRの普及・発展に尽力して参ります。


[株式会社シー・エヌ・エスについて]
シー・エヌ・エスは、VRコンテンツ制作、アプリなどのICTツール開発や、グラフィックデザイン、Web、映像制作 をはじめ、イベントの企画・演出・運営などを行うクリエイティブカンパニーです。
http://cnsinc.jp

[株式会社ハコスコについて]
一般的に高価で普及のハードルとなっていたVR機器を、誰でも手軽に入手・体験できるよう、ダンボール製のVRゴーグル、専用アプリ、VRコンテンツからなる「スマホVRサービス」を提供。出荷台数は延べ30万を超え、スマホ型VRゴーグルの代名詞として広く認知されています。
https://hacosco.com/

[本件に関するお問合せ先]
株式会社シー・エヌ・エス
古田(info@cnsinc.jp

株式会社ハコスコ
太田良(https://hacosco.com/contact/


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。