「エンジニアtype」に掲載されました

「エンジニアtype」の連載「匠たちの視点」に、代表藤井のインタビューを掲載いただきました。

標題が強気でステキです。

「未来がつまらないなら自分で作ればいい ― 社会脳研究の第一人者が仮想現実プラットフォーム『ハコスコ』を作った理由」

なぜハコスコが生まれたのかを、藤井の半生やこれまでの研究(SRなど)を踏まえて、フジイクロニクル的な記事にして頂きました。

sr-5