【事例インタビュー】「おウチでJAXA」など「おウチでシリーズ」を企画・制作している太陽企画様に聞きました!

テレビCMをはじめとして数多くの映像を手がける総合制作会社「太陽企画株式会社」様。今回は、同社が企画・制作をおこなった「おウチで」シリーズのProducer阿久津敏様と、制作を担当しているDirector大西悟様からお話しをお伺いしました。


ハコスコは、一見、ただの紙ゴーグルですが、大きな可能性を秘めてます!
――どのような経緯でハコスコを発売するようになったのですか?

(太陽企画)大西:2000年代に入ってからプラネタリウム、博物館等の展示映像、『愛・地球博』のパビリオンといった大型映像に関わりまして、2006年に国立科学博物館の360度球体シアター「シアター36○」での仕事が360度映像との出会いになります。その流れで、2015年に360度映像によるバーチャルツアーの企画を国立科学博物館に提案。それから1年半ほどで実を結び、2016年秋に「おウチで科博」を発売したわけです。


――ハコスコというプラットフォームを選んだ理由は?

大西:2015年当時、「スマートフォンでバーチャルツアーが体験できるオープンなアプリはハコスコだけ」と思ったのが最大の理由です。また、ハコスコの実物を見て、パッケージやデザインなど総合的な商品として完成されているのを見て、「是非一緒に仕事をしたい!」と思ったのが決め手です。


インタビューの続きは、下記ページからご覧いただけます。
https://hacosco.com/2018/11/blog_taiyokikaku/
【事例インタビュー】「おウチでJAXA」など「おウチでシリーズ」を企画・制作している太陽企画様に聞きました!
【事例インタビュー】「おウチでJAXA」など「おウチでシリーズ」を企画・制作している太陽企画様に聞きました!
【事例インタビュー】「おウチでJAXA」など「おウチでシリーズ」を企画・制作している太陽企画様に聞きました!
お見積もりは自動見積フォームから、すぐに発行。お気軽にお問い合わせください。 自動見積フォーム お問い合わせはこちら
説明会に参加
毎週開催
 無料 
配信アプリを試す
  • App store
  • Google Play