2015/7/22

サイズ調整可能な折りたたみ式新モデル「ハコスコ タタミ1眼・2眼」の販売を開始

PRESS RELEASE

[PDFはこちら]

VRサービスのハコスコ、サイズ調整可能な
折りたたみ式新モデル「ハコスコ タタミ1眼・2眼」の販売を開始

VRサービスの株式会社ハコスコ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤井直敬、以下「ハコスコ」)は、VRビューワー「ハコスコ」のサイズ調整可能な折りたたみ式新モデルを、1眼・2眼の2モデル展開で販売を開始いたしました。

今回、発売開始となるモデルは「ハコスコ タタミ1眼」と「ハコスコ タタミ2眼」で、2眼モデルについは今回が初のオリジナルモデルとなります。また、現在は対応するスマートフォンサイズに合わせて、3サイズでモデル展開しておりますが、「タタミ」では、iPhone 5サイズから6 Plusサイズまで、利用者のスマートフォンに合わせて、サイズ調整が可能となっております。

また、利用者からの要望が多かった折りたたみ式デザインを取り入れ、折りたたむと11mmの薄さに収まり、持ち運びやすく、今まで以上にいろいろな場所で手軽にハコスコ体験を楽しんでいただくことができます。

商品の購入は、現在、Amazonからとなっておりますが、ユーザーの利便性向上のため、Amazonプライムにも対応。Amazonプライム会員であれば、送料無料でご購入いただけます。

ハコスコは、これからもさまざまな取り組みを通じて、VRの普及・発展に尽力して参ります。

【製品概要】
製品名: ハコスコ タタミ1眼、ハコスコ タタミ2眼
価 格: 1,200円(税込・送料別)
購入ページ: https://hacosco.com/product/(Amazonでご購入いただけます)
サイズ: 1眼 163 x 187 x 11、2眼 163 x 152 x 11(折りたたみ時)
アプリ: ハコスコアプリ(1眼のみ対応)ほか https://hacosco.com/app/

hacosco_tatami_aii

【ハコスコのご紹介】
ハコスコは、一般的に高価で普及のハードルとなっていたVR機器を、誰でも手軽に入手・体験できるよう、スマートフォンを利用したビューワー、アプリ、コンテンツの提供からなる「VRサービス」を展開しています。
ダンボール製ビューワーという特性を活かし、ユーザーが自由にカスタマイズしたり、事業者が映像とセットでハコスコ本体を広告メディアとしてプロモーションに活用したりすることができます。
ビューワーの出荷台数は延べ9万を超え、ヘッドマウントディスプレイにおける出荷台数国内トップ。
2014年グッドデザイン賞受賞。

【株式会社ハコスコについて】
本 社:  〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-4-510
代表者:  代表取締役 藤井直敬
設 立:  2014年7月
資本金:  3,300万円(資本準備金含む)
URL:   http://www.hacosco.com/
事業内容:VRサービス
問い合せ:https://hacosco.com/contact/  pr@hacosco.com(担当:野々下)